スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSの旅 at 台湾 「市内のカリスマショップ見参!」

東京は雨ですね。
うーん、雨はユウウツです。

真央ちゃん、ガンバレな気分の副社長です。チャオッス!!

台湾の雨を思い出します。雨の日は、ちょっと寒かったなぁ・・・。

ところが、最終日の店舗見学の日は快晴でした。うーん、いい天気でよかった。

本日紹介するのお店さんは「弘美(さんずいアリの弘)」です。

台湾2010_2_21 082

店舗は新装したばかりかもしれません。とてもきれいなお店でした。

台湾2010_2_21 138

オーナーは高(こう)さんで、日本語が大変お上手です。日本に居たこともあるような、無いような・・・。
ちなみに僕が手にしているのは弘美さん特製のデッキケースで「弘美」とエンボス加工がしてあります。
店舗会員になるともらえます。ちなみに僕は日本人で初の「名誉会員」です。

スバラシイ・アイテムです。ヾ(^▽^)ノ

店舗は1階ですが、店内の80%がWSなどのTCGで、残りはホビー系のキャラクターグッズです。

なかでもWSはほとんどの製品の品揃えがありまして、さすがに台北市内を代表するお店だけのことはあります。

台湾2010_2_21 102

台湾2010_2_21 100
うん、すばらしい品ぞろえです。

そして、なんと、この店の地下には、核シェルターのような地下室があります。
大きさは6畳ほどですが、この地下室にデュエルスペースを確保しています。
偶然開催されていたWS大会の参加プレイヤーと記念に一枚。


台湾2010_2_21 123

興奮して酸欠にならなきゃいいけど・・・汗)))

偶然いたお客さんがブースターを購入していたので、写真を撮らせてもらいました。謝謝。

台湾2010_2_21 103


ちょうど弘美さんを、訪問したときにWSの大会が行われるところで、全部で12名の参加者が来ていました。

台湾2010_2_21 089

WS専用のテーブルですね。ここで交換したらダメよ・・・と書いてあります。

さて、お伝えしてきた「旅日記」海外編ですが、今回はこのへんでおしまいです。
ながらくのご高覧ありがとうございます。

次回は国内ツアー「ヴィクトリースパーク講習会」の旅日記になると思います。
そちらも、お楽しみに!!!!!!

謝謝!!!

スポンサーサイト

WSの旅 at 台湾 その2 「今日は、絶対勝てそうな気がする店」

みなさん、こんにちは、副社長です。

さて、ドイツから帰国して台湾・・・周りの人たちから「疲れませんか?」といわれます。
ハイ、疲れます。でも、ですね。意外となんとかなるんですよ。

ま、テンションがあがっているという理由もあるのでしょうが、かなり元気です。
持病の首の痛みばかりはなんともならないのですが、最近、いいクリニックを見つけたんですよ。
今度、裏ブログでご案内しますね。「榎本(温子)あっちゃん」お勧めのクリニックです。

さて、今日の台湾紀行は・・・基隆市(キーロン市)からです。
ここは、ブルーライト?な「港町」、台北市内からクルマで40分ほどの場所にある「日進堂」さんにお邪魔しました。

台湾2010_2_21 047

ヤキソバの屋台ではありません。
 
こちらは台湾の総代理店イチオシのお店さんで非常に積極的にWS活動してる店です。(ご夫婦で経営)


ここがスゴイぞ、日進堂!

1・場所がスゴイ
2・店舗の面積がスゴイ
3・PC環境がスゴイ
4・オーナー一家がスゴイ
5・ご利益がスゴイ

の5点ですね・・・苦笑(^-^)v

まず場所ですが、大変変わった店舗で、重要文化財のお寺のなかにあります。
お寺の軒先を借りているような雰囲気で、よくぞここに店舗を作ったという感じです。

ただし長年ここにあったわけではなく、別の場で営業していたが、ビルの立替になり、その関係で現在の場所に移転したとのこと。ナットクです。そりゃそうだろうな。最初からココでやっていたらそれはスゴイね。

店舗スペースは伸縮自在で、人がおおけりゃ境内にテーブルを出して大会開催です。

もちろん、TCG専門店で、中心は遊戯王ですが、WSも盛んに遊んでいます。

WS特約店のような店頭!

台湾2010_2_21 056

どうですか。お客さん!

台湾2010_2_21 057

それに、PC画面が液晶テレビみたいにビルの壁に取り付けてあります。

週末になると大会を開催しており、普通の日の午後でも、人数が集まればすぐにプレイが始まります。


そんなときに伸縮自在の店舗は便利ですねぇ・・・。


ちなみに店主の長男が遊戯王の台湾チャンピオンになったこともあり、日本での「遊戯王」のグランプリ大会に4年前に参加した経験があるといいます。スゴイですよね。

台湾2010_2_21 063

オーナーの朱さんもTCGプレイヤーで新人へのレクチャーも可能です

台湾2010_2_21 077
0" />

それと何よりも、ご利益ありそうです。お店の前はお寺です。

台湾2010_2_21 069

台湾では願い事をかなえるまで、何度でもお祈りするそうですが、つまり、思いが強いかどうかがポイントのようです。

さて、必勝祈願で1WSやってみましょうか・・・(^-^)/~~

謝謝!!

WSの旅 at 台湾 その1

みなさん、こんにちは、お元気ですか?
こちらは副社長です。
さて、好評のうちに更新中の台湾WSの旅ですが、実際の店舗さんに伺いました。

桃園市(トイ市)にある「星降漫画屋 (MANGA STAR)」です。
台湾2010_2_21 001



場所は、台北市内からクルマで1時間ほど移動したところにあります。

現地のブシロードの総代理店に拠れば「アニメ、ゲーム、コミック、TCG、グッズ、プラモデル」などほぼすべての商品を扱う店さんです。

台湾ではマルチメディアショップという名称で呼ばれているカテゴリーの店舗です。

店舗の広さは80平米ほどで扱っている商材は広く、日本で言うならば、今ではほとんどみかけなくなった地方の昔からのおもちゃさんという感じですね。
なにやら郷愁を感じます。

カードゲームに弊社のWSに関しても良く売れています。
スリーブも在庫があります。海を越えていることに改めてビックリです。
台湾2010_2_21 005


講習会や大会運営は地下に同じくらいのスペースをもっており、そこで開催をしています。

台湾でも、独自の宣伝用のツールや大会や講習会用の告知ポスターを作っており、それらを加盟店に配布しています。

台湾2010_2_21 039

↑写真は店頭にあったオリジナルポスター。日本からのポスターなどは一晩のうちになくなるそうですヨ(>_<。


最後にオーナーの奥様と記念写真。これからもブシロード製品をよろしくお願いします。

台湾2010_2_21 030

裏日記も更新中!

謝謝




武士道 ステッカー・プレゼント!

みなさん、こんにちは副社長です。

明日のネトラジ・カオスタの更新のなかでご紹介していますが、
特製「武士道」ステッカープレゼントの告知を番組内で行っています。

白黒併せて10名のかたにプレゼントします。

messe2010_2_11 002

ノーパソとかカバンに貼るとカッコいいですよ。

カオスタ番組内の応募キーワードを書いてお葉書でご応募よろしくお願いします。

たくさんのご応募お待ちしております。

当選は発送をもって替えさせていただきます。


応募のあてさき

〒1640003
東京都中野区東中野4-6-2 和興東中野ビル6f
株式会社ブシロード ステッカーちょうだい黒川副社長 係へドーゾ!

世界をめぐる「WS」の旅

みなさんこんばんは、もうすでに日本は深夜でしょうね。

こちらは今しがた最後の打ち合わせが終わりました。

充実した5日間でした。

今日の移動距離は台北市を中心に100キロほどの圏内を自動車で移動し店舗見学をしました。
シンガポールやマレーシアでもそうですが、ここ台湾でも店舗の人やプレイヤーの皆さんは弊社のヴァイスシュヴァルツを呼ぶときには、必ずといって良いほど「WS(ダブリューエス)」といいます。

おそらくヴァイスシュヴァルツやヴァイスというよりも呼びやすいのでしょう。

日本では「ヴァイス」が一般的ですが、海外では「WS」、日本でもすこし流行るといいのですが・・・。
どうでしょうかね?

さて、本当はもうすこし更新をしておきたいのですが、少々疲労感があります。
また明日(移動日)以降に更新します。

お楽しみに!
まだまだ続く!!!

男のイベントと女のイベント

こんばんは、ブシロード副社長・黒川です。

今日20日からここ台北市、台湾大学総合室内競技場にて「ファンシーフロンティア」が開幕しました。

さきにお詫び→昨日のブログでご紹介した設営中のサークルブースですが、実は同じ競技場のフロア違いで開催されている「コミックワールド台湾」通称CWTのホール風景でした。申し訳ありませんでした。

ちなみにこちらは完全に(腐)女子向けイベントで、動員人数はファンシーのそれを上回っているような印象をうけました。まさに女子のためのイベントです。

そして「ファンシーフロンティア」ですが、こちらは95%の来場者が男子です。
うーん、オトコ臭いイベントです。

人気のコンテンツは「東方」「ミク」「レールガン」など日本のコンテンツばかりで、どれもサークル系にてアレンジされており、日本と同様に?露出の高い系のものが、人気です。それらのサークルブースには長蛇の列が出来、閉会時間前に完売するブースもありました。

ま、その辺は日本も同じです。こちらは完全に男子のイベントです。

不幸なコトにどちらも相互の出会いがありません。フロアが違うのです(違う意味のフロアもアリですね)

そしてオタクは世界を超えた共通の存在であることが改めて実証されました。

本日の来場者は予想ですが3万人近いのではないでしょうか。
ブースは押し寄せる人々でごった返し、一時は身動きすらとれない状況もありました。

台湾2010_2_20 077

ちょっと入場者多すぎ!と危険を感じる一幕もありました。(写真はその一部です)

つまり「広い」けど「狭い」とはそういう意味なのです。

さらにホール内のステージではオンラインゲームの対戦イベント、メイドショー、ヒップホップダンスショー、ゲームスクールの案内告知タイム、声優イベント、ライブショーなど、なんでもあり!デス。

カオスな状況ですが、日本だったら事務局からストップがかかるようなことも、ここではOKです。

成熟なのか未成熟なのかは判断のわかれるところですが、ある意味でノ-・ルールなところが僕は好きです。


I come with the rain.


雨とともに始まった台湾出張ですが、いまだ雨に降られています。

一度たりとも止む気配はなく、おそらくこの空模様は帰国するまで変わらないようです。
まさに雨とともに来たる・・・という感じです。

さて、今回のイベント・ファンシーフロンティアですが、会場は「台湾大学」の屋内競技場ドームです。
台湾大学は日本で言えば「東京大学」に相当するもので、日本で東大キャンパスでコミケ?を開催することは難しいかもしれませんが(でも、誰もやってないだけで、実施したら面白いかもしれません)、台湾ではそれが通用するようで、大きなスタンド観客席付のドーム型室内球戯場を借り切って展開するものです。

さきほどまで会場設営を見学していましたが、19時くらいに会場についたときは、同人会場は、まだカーペットをしいている段階でして、「これって明日までに終わるのかなぁ」と思っていたのですが、

台湾2010_2_19 004

なんと1時間後には、会場の設営はほぼ完成していました。

台湾2010_2_19 019


すばらしい手際の良さです。


会場には日本からの出展もあるようで、5pb、とらのあな、Navel、日本工学院、サーカス(敬称略)などが出展するようです。

こちらが企業系ブース、ライブも行われます!(こちらはまだ施工中でした)

台湾2010_2_19 008


明日からイベント開始です。またご紹介したいと思います。

謝謝

蛇道 (写真注意!)

おはようございます。副社長です。

台湾は今日まで旧正月です。朝から町では、ところどころで爆竹を鳴らしています。
最初に聞いたときは、どっかで爆発事件でもあったかと思いましたが、平然とアーケードのなかで展開していたりするので、とても興味深いです。

昨晩の続き・・・

華南夜市という場所に行きました。

雰囲気をお伝えするならば、横浜中華街と浅草雷門を足して割ったような感じです。
しかし、ここの夜市(アーケード)のもうひとつのセールスポイントは・・・というと

それは「蛇」です。

「蛇料理」です。

僕自身も中国出張の際に「毒蛇スープ」や「から揚げ」を食べたことがありますが、どうやら似たようなもので、以前は入店すると、店頭で蛇を選んで、それを捌くところから見せてくれたようですが、今は、そのあたりは見せてくれないようです。味は鶏肉のような感じです。

なかには皮付のシャブシャブもあるようですが・・・それはちょっといただけません。

店主が 蛇の店頭パフォーマンスをやっていて、
マイクパフォーマンスとともにコブラの頭を叩いたりして見せてくれます。


もしかして、今夜の食事はコレ?  )゚0゚(ヒィィ

かと思いましたが、最終的には正統派台湾料理になりました。

台湾にお越しの際は貴方もいかがでしょうか?

(写真は世界最大の白アナコンダらしいです)

台湾2010_2_18 075


GO ! 台湾!

台湾2010_2_18 002

先週のドイツに引き続き、今週はアジア方面、台湾に来ています。
成田空港は雪でした。

さて、フライトは4時間ほど、あっという間に着陸間近。

窓の外の景色はのどかな田園地帯です。

台湾2010_2_18 009

まったくナニ?やってんだよ・・・とお思いのアナタ。うん、お気持ちわかります。
うーん、そうですね~ナニをやっているかというと、TCGの布教活動とでもいいましょうか・・・。
それとも営業活動とでも申し上げましょうか。

いわば、江戸末期の黒船来航・ペリー来航のようなもので、弊社のTCGを知らない方々にその面白さを伝える旅に出ていると言ってもいいでしょう。

あ、それと今回はですねイベントの見学もかねて来航しました。
そのイベントとは・・・

Fancy Frontier(ファンシーフロンティア)でした。
来航以前はファンタジーフロンティアだとばかり思っていましたが、ファンシーの間違いでした。

1年に4回(春夏秋冬)に開催されているイベントです。
そのなかで夏と冬のみがFancy Frontierと呼ばれています。

おそらく日本のコミケを想像すると良いと思われます。

ちなみに春秋に開催されるものがPetit Frontier と呼ばれています。

イベント規模はFancy Frontierが来場者総数で4万に程度、日本の東京ゲームショウの来場者が15万人前後ですので、4分の1程度でしょうね。

イベント内容は同人誌即売、企業ブース、ステージ公演、展示などがあるようです。

とは言え、今日は到着時間が中途半端な時間だったので市内の観光名所を見ました。

写真は「中正紀念堂」で蒋介石の坐像の前で一枚!
ちょうど16時の警備兵の交代セレモニーを見学できました。

台湾は過去に数回訪問していますが、このような観光スポットは初めてですが、
すこしデジャヴュを感じました。

台湾2010_2_18 033

まずは現地を知れ!? それが海外の鉄則ではないでしょうか(やや自己弁護気味ですが・苦笑(^-^)

しかし、このあと恐ろしい出来事が待ち受けているとは予想だにしなかった・・・続く!

またかっ?!

出張の朝は早起きです。

おはようございます。副社長です。

渋滞で早朝フライトチェックインに遅れたりすることは困りものです。
ということで今日は空港近くのホテルに前泊しています。

5時に目覚ましを・・・。

なんと窓の外を見るとなにやらと白いものがチラチラ。

雪です。

それもすでに景色は真っ白で、積もっています。東京はそうでもないかもしれませんが・・・

果たして飛ぶのでしょうか!?
先日のドイツに続き自然現象に左右されそうな予感がします。
では、みなさんも今日もよい一日を!

■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 最終回

スタバを後にし、ニュルンベルグ行き終電のホーム19番線へ。

案の定、入線しています。しかし10分前になのにドアはまだ開いていません。

一安心したところです。しかし、それにしても、人が乗っている気配はまったくありません。

もうちょっとしたらドアが開くんじゃないのか という感じですが、妙に車内は静まり返っています。

しかし、たくさんのひとが来ます。

みんなホームの先端のほうに・・・・またしても嫌な予感が・・・・

予感が的中して、僕らが待っていた車両は連結されてないじゃん。。。。。)゚0゚(ヒィィ

つまり僕らが待っていた後ろの車両は連結がはずれていて、ホームの先頭に別の車両が停車していました。

さきほどからのお客さんたちは、すべて、前のほうの車両にみんな乗っていました。

危ないところでした。(@_@)

ああ、助かった。というすばらしく実りのある?小旅行でした。

さて、ながらくお伝えしてきましたドイツ・ニュルベルグおもちゃショー編ですが、来年またお会いしましょう。

その前に18日から台湾に行ってきます。
また現地からレポートします。よろしくお願いします。

※ 写真は来年開催の予定のドイツおもちゃショーのポスターです。
2月3日から8日からのようですね。

messe2010_2_10 001




■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その5

食事を終えて中央駅へ。

DBチケットの交換をお願いしました。

すると1時間半後の22時55分発。
危ないところでした。。。なんと最終電車でした。

スタバで待つ事にしました。

ちょうどいいぐあいにソファ席に座っていると中東系の人が相席をしてきました。

「ここ座ってもいいですか」(もちろん英語でです)

こちらもどうぞ!と好意的に。

すると次々にイスを集めだし、その数7席+
なんと7人のパキスタン人に囲まれてしまいました。

「どこから来たの?」と英語で・・・
「ジャパン」
「オー、ジャパン・・・ヒロシマからか?」

と・・・さすが原爆保有国パキスタン。

カーン博士が世界中に売りまくっている関係からか普通ならば「トーキョーか?」というべき?ところ「ヒロシマ」ですからね。こちらはドン引きです。

まるでテロリストたちに囲まれたような気分でした。

そして最終電車へ・・・ここにも大きな落とし穴があったとは・・・。続くぅ!!!!!!
********************************************************

写真はドイツの名物デザート「アップルシュナイザー?」だったと思います。
アップルパイにアイスクリームをトッピングしたものです。激ウマですよ。

messe2010_2_6 022

戦場のピアニスト ではない

messe2010_2_8 095

この場所どこかわかります?ちょっと暗くてわかりにくいですが・・・。

実は路上なんですよ。

正確には、定時閉店した店の前に、グランドピアノをおいて、路上ライブでお金をもらっているピアニストさんです。
モチロン一般の人です。

戦場とか船上のピアニストなら聞いたことがありますが、路上のピアニストは生まれて初めて遭遇しました。

ちなみにグランドピアノです。

もらうオカネよりも運び賃や手間のほうがかかるんじゃないのかと無粋なコトを考えましたが、ここはヨーロッパです。

日本の価値観は通じませんね。


ちなみにバイオリン弾きもいますよ。

手袋はめてますけど何か?



■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その5 電車がっ!

そろそろミュンヘンのレストランを・・・。

幸い事前にチェックしておいてくれたおかげで、いい店を見つけました。
アウグスティーナです。(写真は前回のも参照)

いわゆる、日本人がイメージするドイツのビアホールがそのままで存在しました。

messe2010_2_8 084

ちなみにこの店、創業1328年ですって。

1・3・2・8 って。

今から700年くらい前じゃん。

日本は室町?かな?
ま、しかし、そのころからやっているとはねぇ・・・もしかしたらビール醸造工場かもしれないけどね。

たしかにヨーロッパには歴史があります。

教会建築もそのひとつですが、それらの荘厳な建築や様式をみると・・・・
「カミサマって本当にいるのかも???」と大衆に錯覚?させるには好都合な雰囲気醸し出しています。

ま、どうなんでしょうかね。そのへんは。

さて、レストランに無事着き、オーダーを始めたころのことです。

すこし悪い予感が・・・。

帰りのDBのチケットを確認してみることにしました。今は19時50分・・・。

チケットには ミュンヘン発19(時)51(分)の文字、とニュルンベルグ到着時間の2057のタイピングが。

アレ?

アレ・アレ?

えっ???

もしかして、これって?・・・もうホームに電車着いている?それとも発車したという時間でした。

ま、いんじゃないですかねp(^-^)q

そうです。


2度あることは3度あります。もう慣れたものです。

帰国報告と ■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その4

こんばんは、副社長です。

ご心配をおかけしましたが、無事昨日、到着予定時間より3時間遅れて成田空港に着陸しました。
今回の出張は大変でしたが・・・
今日の昼に若手の社員から
「出張楽しそうですね~」と言われました。

ぅうん?(゜o゜;)と思いましたが、ま、楽しく見える=ブログを読むと楽しそうに思える=読者の皆さんにも楽しく伝わっている⇔ということでヨシとしました。

ま、白鳥みたいなモノで、優雅に泳いでいても、水面下では必死に足を使ってバタバタしているということです。

さて、見学騒動記のつづきのはじまりぃ!

ミュンヘン市内には似たような銅像や、似たような広場がたくさんあります。

ここって「時計広場ですよね」

うーん、店ってコッチかなぁ・・・と。

アレ?でも、こっちにも「大きな時計塔があるぞ」とSさんと僕。
うーん、あ、この場所違いますね。

こっちか?????
あっち?
と、なれるまでかなり時間のかかった二人でした。

messe2010_2_8 088


写真はミュンヘンの創業1328年のアウグスティナでの食事どきのスナップです。
っていうか、1328年って、日本はどうだったんだよ。と思いました(@_@)。

雪のミュンヘン

北海道と同じくらいの緯度に位置するドイツで雪は当たり前ですが、これほどまでに人間は無力かと思い知らされました。

ニュルベング空港は小パニック状態。しかしルフトの従業員はきわめてマイペース。

なかにはブツブツと怒り出す日本人もいました。

さて、危機回避と、日本に帰りたい一心でタクシーでミュンヘン空港に到着しました。
ご心配をおかけしました。

なんとかこれで日本に帰れそうです。
今は雪のミュンヘン空港のラウンジでネット接続をして更新中です。

あぁ、最後まで大変な出張でした。

ちなみに、このトラブルのライブ更新は個人ブログ。ツイッターでも展開中です。
(黒川文雄、大江戸デジタル走査線、ku6kawa・ツイッターで検索してください)

では、次回は日本で?更新できますように・・・。(>_<。

messe2010_2_10 043

写真は雪のミュンヘン空港

緊急事態発生!!!!!!

このブログ始まって以来の緊急事態発生です。
(ブログ更新している場合じゃない・・・って、そのとおりですよね)

ニュルンベルグ空港からミュンヘン空港行きのフライトが雪のため午前便がすべて運行休止。

ミュンヘンから成田空港は午後の15時の便なのでフライト可能だと。

急遽タクシーで、アウトバーンを疾走です。

距離的には東京から大井松田(東名)くらいな感じ。

間に合うのかよ・・・オイ(@_@)

■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その3

(長らくのご購読ありがとうございます。)

ニュルンベルグからミュンヘン to 東京フライトの時間まで、あと少しです。

次の更新は・・・・(・。・)いつになることか・・・早めに更新しますネ。

ちなみに来週は台湾出張ですからね。

さて、最初の店舗「ネオ トウキョウ」見学を終えて、名物の「白ソーセージ」を食べました。
Sさんはビールを2杯(1リッター)。泡が細かいようで、見た目にもうまそうでした。

しかし、店内は非常に暖かいのですが、一歩出ると、ほぼ1℃・・・急に冷え込みます。

地下鉄で移動を始めたSさんの様子が変です。
落ち着きがなく、ぐるぐるとおなじところを回っています。

心なしか「汗」も・・・

「もしかしてトイレですか?????」
「ぅううううう、そうなんですよ~」とSさん。

じゃ、駅で探しましょう。

案内窓口に行くと
「Nicht」(ナイ)と一言・・・・

「ぅううううううううううううう、マズイ」とSさん。

では次の駅で探しましょう。

「ぁああああ、はい」とSさん。

すぐに次の目標の駅に。ちなみに2つ目の駅。
駅構内に・・・あった!「WC」マーク。

脱兎のごとく、男子マ-クのトイレの扉をあける・・・が

「ぅぁああああああああああああ、カギが掛かっている、あかないぃ」とSさん。

するととっさに、となりの「女子トレイ」の扉を・・・・開きました。

Sさんはためらうことなく。すませました。

「ぅふうううううううううううううううう、助かった」とSさん。

こちらといえば、Sさんの入ったトイレの前で待っていましたが、女性が入ったら大変だぞぅ・・・と焦りました。幸い他の利用客なし最悪の事態を回避しました。

女子トイレ侵入→公然ワイセツ→ミュンヘン警察に拘束→日本大使館→国際問題???に発展という局面でした。

ま、旅は道連れって感じです。


messe2010_2_8 067


追伸) 写真はミュンヘン時計広場。

公共の場所にはトイレはほとんどありません。
特に駅のトイレは麻薬注射の温床のようだったようで、使用不可能。
駅の柱の周りもブルーなライトが煌々と光ります。
これも同じコトで、柱の裏で注射をうつ輩がおおかったらしく、ブルーライトは
血管を見えにくくする効果があるようです、注射ができないようです。

■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その2

ナイスなタイミングで次の電車に乗れるゾ と思ったそのときでした。

「ぁ、そういえば・・・チケットの時間変更ってSさんの分しかしてない・・・」

ことに気がつきました。

マ・ズ・イ・・・よ、コレハ。
コ・コ・ハ・ド・コ・・・みたいな感覚ね。

もう感覚は異星人になりたい気持ち?みたいな・・・。

再度DB窓口へレッツGO!ね・・・モチロン。

ま、いろいろとありますよ。でも、なんとかなるモンです。

いやいや、なんとかするんです!!!!


そしてコンプリートしたチケットで当初の出発時間から1時間半おくれでミュンヘンに・・・

しかし、指定席は取れず、レストラン車両で1時間の旅。
これが意外なほど快適で、むしろ指定席よりもよかったかもです。
コーヒーを飲みながら、ミュンヘンを目指すぜ!

messe2010_2_8 010

(日本のもとはずいぶんと違います。かなりゴージャスです。食事もかなりいいです食べてないけど。○本食堂さんとはかなり違います。コーヒーはドイツの有名な食材店「ダルマイヤー」によるもの。)

しかし、まだ旅の始まりにすぎない・・・つづくっ!!!!

■ミュンヘン 見学旅行記 トラブル編 その1

その1 というくらいですから他にもあります。苦笑)))

徐々にご紹介しますね。

今回の出張は忘れ物が多く、大変困りました。

出張初日は「携帯電話」を自家用車の中に置き忘れ、もうひとつの忘れ物は「ジャケット」です。これはマナーとして会期中は「ジャケット」を着用していようというビジネス的な配慮です。これは後半にニュルンベルグ入りしたSさんに持参をお願いしました。ありがとうございました。

それは、唐突に始まりました。

「チケットがない ・・・)゚0゚(ヒィィ」 (by黒川)

messe2010_2_8 008


と思ったのはミュンヘン行きの電車がニュル駅のホームに入線してきたときでした。

「あれ? そういえば、(同行する)Sさんの乗車券どうしたっけ・・・・」(by黒川)

「あ、おとといDB(ドイツ鉄道)の窓口で購入して、そのまま部屋においてきちゃった・・・(汗)」(by黒川)

暑くもないにの背中に汗がつたいました・・・。

ドイツに詳しい弊社黒田の携帯に電話し

「チケットをおいてきっちゃったんだけど、一応クレジットカード登録してあるからそのまま乗っても大丈夫かな?」
「駄目です・・・。取りに帰るか、購入し直さないと罰金ですよ」と黒田。

あせるゼ・・・(>_<。

そして、9番ホームで、乗車予定の電車を目の前にしてホテルへ帰投しました。

「あった!・・・(・∀・)これがチケットだぁ・・・」

そして、再度ニュル駅のDB窓口へ。。。
無事時間を変更してもらって、次の電車までの待ち時間10分。ナイスだぜ。


と思ったのもつかの間。

次のトラブルが待ち受けていたのでした。(@_@)

messe2010_2_8 013

(写真ではくつろいでいますが、大変な事件のあとでほっとしたひと時でした)

つづくっ!!

ドイツおもちゃショー 番外編 ミュンヘン見学旅行記

おはようございます。副社長です。

8日は終日ミュンヘンの店舗見学をしてきました。

TCG事情ですが、ポケモンが一番人気ですが、日本と同じで、小学生くらいが購買層の中心です。遊戯王は以前は好調だったようですが、現状はやや市場規模は下降気味とのことです。

TCGはコンビニやLOTOくじを売っている店舗やブックストアで購入ができますので、簡単に購入ができます。

日本でもTCG店舗さんがない地域ではコンビニでの購買需要もありますので、要検討ですね。

今回見学した店舗は、すでにENGLISHブログでも紹介していますのでそちらをご参照いただきますが、NEO TOKYOと COMICS COMPANYさんです。
(写真はネオのオーナー・マシアスさん)

messe2010_2_8 038


日本のキャラクター関連グッズもたくさん販売しています。

最近は「リラックマ」が好調のようです。「テディベア」(シュタイフ・独)の国でも

リラックマが受けるとは・・・・うん、面白い傾向ですね。

つづく!

ツイッター

本日がニュルンベルグ玩具展示会の最終日です。

現在朝8時です。

番外編は「帰ってきた大江戸走査線」にて・・・通称「ブラックロード」?

ツイッターもやってます。よろしければフォロー・プリーズ!

続きはwebで・・・(爆)

続きを読む »

「Schwarz Weiß ?」

展示会では、EU圏内の顧客やバイヤーを中心に
「Weiß Schwarz」を紹介している毎日ですが、
かならず言われるのが「なぜ、Schwarz Weiß じゃないの?」ということです。

messe2010_2_7 010

日本でも確かに言われてみればなのですが・・・・。

通常は「黒白」が普通の言い方のようですが、

「Black&White」というゴルフウェアのブランドもありますからね。

海外でも同じようです。通例では「黒白」であって「白黒」ではないということです。

通常は「Schwarz Weiß」だということです。

シュヴァルツヴァイス
ヴァイスシュヴァルツ

しかし、日本では語呂、韻の部分から言っても収まりがいいと思います。

この辺は日本語でのネーミングにおけるマーケティングの効果と言ってもいいでしょう。


逆だったら、かなり印象が違いますね・・・。

そのあたりの発想が成功の秘訣だったかもしれませんね。あえて常識にはとらわれず発想する。
それが必要かもしれません。

展示会の会期も後半です。がんばります。

アッパーデック 再び

先日の約束どおりアッパーデックを訪問してきました。

対応してくれたのはグレッグさん・・・。あっ、写真撮り忘れた。

でも、グレッグさんは典型的なラテン系の顔立ちで忘れることはないでしょう(苦笑)。

さて、6日のカードゲームライブでもご紹介済ですが、来年導入予定の「ヴァンガード」を紹介しました。

大変興味を持って話を聞いてくれました。

グレッグさんは日本のことは大変よく知っていて・・・・

「アニメはTMSか・・・・うん、イイネ」

「MIP(フランスのTV版権販売見本市場)ではTMSが海外アニメ版権を販売するのか?」

などなど、とても詳しく聞いてくれました。ありがとうございました。

さて、今年から来年はさらにブシロードにとっては飛躍の年になりそうです。

みなさんもご支援よろしくお願いします。

写真を撮り忘れていましたが、会場で偶然会いまして、接写しました。

ナイス・ガイです!
messe2010_2_7 028

海外でも始動 ! 「ヴァンガード」

ヴァンガード・プロジェクト、海外でも始動しました。

昨日6日、中野サンプラザでのブシロードカードゲーム・ライブで発表いたしましたが、
ここ、ドイツでも昨日から情報を解禁しています。

日独同時 情報解禁です。

HP情報は「ヴァンガード

messe2010_2_7 006

「極秘」と書かれた資料がその重要性を物語っています。

海外のお客様にも、その反響は大きく、同時に関心をもってもらっています。
今から展開が楽しみです。

イタリアから来たお客様

弊社のブースに来ていただいたのはイタリアのEDIBAS社のマルコさんたちです。

今は亡き名俳優ロバート・ショーをふっくらさせたような感じのイタリア人です。

こちらとは東京とイタリアでメールでずっとやり取りをしていましたが、
弊社で発売したサンリオさんのキャラクターの「ジュエルペット」に
大変興味を持ってくれました。

実は日本ではすでに販売が終了していますが、
「なんとかしてライセンスしてくれ」といわれました。

うーん、どうしましょうか、また相談しましょう・・・。

ということでこちらも記念に写真撮影。チャオ!

messe2010_2_4 058

Chaos+WS

そろそろ日本はこんばんはの時間ですね。

こちらは+9時間のため、現在朝の8時です。

昨晩は前半帰国チームの「お疲れ会」を開催しました。

messe2010_2_6 014

写真向かって左がカオスチームのプロデューサー・タクヤとWSでお馴染みの「新入社員ホリ」です。

タクヤは街中で「Chaos」ロゴの入ったベルトを入手し、さらにやる気が倍増しているようです。
でも写真じゃわからないなぁ。

messe2010_2_6 013

お疲れ様でした。
気をつけて帰国してください!

英語版はこちらです。

再びおはようございます。副社長です。

私をここまで駆り立てるものは何でしょうか・・・・)゚0゚(

それはユーザーの皆様への「愛」です。p(^-^)q

さて、こちらの英語「旅日記」ブログも順調に更新中です。
私のページもたくさんの外国のファンのかたに観ていただいておりますが、
こちらの旅行記は完全に英語版で海外のWSの皆様にみていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

BUSHIROAD ENGLISH BROG

11

おはようございます。副社長です。
今からジョギングの時間です(早朝5時です)。

みなさん、ライブはいかがでしたでしょうか。

こちらドイツでも時間の許す限りエリー・オーディションを「ニコ生」中継を見ていました。

残念ながら結果までは観れず仕舞いです。

さて観れる(見れる)といえば・・・コレ。

messe_2010_2_6 040

11に見えませんか ?

会場全体がとにかく、だっだ広いので、違うホールに見学に行くときは
効率的なルート選択をしないと大きな時間的ロスをします。

そんなとき、自分たちの出展ホールに戻るときに目印になるのが、ホールの案内サインです。



実はこれ「1」の案内なんですが、
先端が三角形になっているので、見る方向によっては「11」に見えます。

これで3回間違えました。

構造主義的、機能性優先のドイツにしてはちょっとややこしいかったです・・・みなさん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。